トピックス

トマトの黄化葉巻に効果

■ 黄化葉巻病に効果

光合成細菌の散布により、黄化葉巻病(TYLCV)の進行が止まり収穫ができるようになった。

生産者名:橘 大三郎(タチバナ ダイザブロウ)
住  所:大阪府枚方市山之上4丁目16-3
連絡先 :090-1716-2133(連絡は昼頃にお願いします。)

栽培方式:水耕栽培

品  種:トマト耐病みそら 700本
      ミニトマト 500本

種蒔き:2月1日
定 植:3月1日

3月末頃に黄化葉巻病(TYLCV)の発病に気づき4月15日頃より、あまり出来の良くない光合成細菌培養液の700倍~1000倍液を1回/1週間を2週間、葉面散布・養液の中に入れるが、効果不明

その後、光合成細菌の培養がうまくいくようになり、株元に100倍液を灌注、200倍液を葉面散布を週2回行い、その頃から生産者の感で、黄化葉巻(TYLCV)が進行してないように感じ、その後病気の進行が止まる。
日が経過するに光合成細菌が、黄化葉巻病のウィルス(TYLCV)が不活性化しているのでないかと確信に近づく。

光合成細菌を散布するようになって、黄化葉巻(TYLCV)のウィルスを媒介するシルバーリーフコナジラミの発生が少なくなり、また、サビダニも出ていない。
光合成細菌には少なくともウィルスを不活性化する効果と防虫効果があるように感じます。

また、最初の収穫5月16日 2回目の収穫5月19日熟期も1週間早くなったのも光合成細菌の効果と思います。

ウィルスの発病後はトマトの栽培の廃業も考えましたが、光合成細菌の効果によって収穫ができるようになって同じ農家の方で黄化葉巻(TYLCV)ウィルスで悩んでいられる方の光明になればと思い、情報を発信します。

なお、5月19日に1回目のトマトを買っていただいたお客様が、わざわざ来園されて今年のトマトの味がとても良かったとお褒めの言葉をいただきました。これも光合成細菌の効果でしょう。

橘 大三郎







光合成細菌が黄化葉巻病に効果!

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

悪臭で困っていませんか?善玉微生物による悪臭除去。FUシステム

生ごみが消える?有機物リサイクル HDMシステム



携帯・スマホから
いつでもアクセスPCがお手元にないときも、
外出先からでも、
思い立ったらすぐに
ご注文いただけます。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 午前のみ営業

ページトップへ